HOMERUFについて ≫ History

History ― ヒストリー ―

RUF社は、1926年、Albin Ruf(アルビン・ルフ)によりドイツ・ラスタットで創業し、マットレスと寝具の生産を始めました。
以後、「French Bed」シリーズをはじめ、現代的で独創的なデザインのシリーズ商品を次々と発表し、現在では、ドイツが生んだブランドベッドとして、そしてヨーロッパを代表するアップホルスター(布張り)ベッドのマーケットリーダーとしての地位を確立しています。

ドイツRUF社の歴史

1926

アルビン・ルフ氏がドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルグ州にルフ社を創立。
マットレスと寝具の製造をスタートする。

1949

RUF社は南ドイツでトップクラスのベッドブランドとなる。
その後も成長を続け、この年に2つめの工場を設立する。

1966

アップホルスター(布張り)ベッドの製造を開始し、新製品「ハッピーナイト」が売上に大きく貢献。

1973

国際的な販売網の拡大を図り、ドイツ国外への進出を進め、社名を「ルフベッテン・インターナショナル」へ改名。

1973

アップホルスターベッドのトップブランドとしての地位を確固たるものに。
高まる需要に対応するため、本社バーデン=ヴュルテンベルグ州、ラスタットの町に近代的な工場を設立する。

1975

RUF社は、日本のドリームベッドと第一回技術提携を開始。当時の日本では、ファブリックで作られたファッション性の高いベッドは珍しく、すぐさま日本市場にRUF製品が広まった。

1981

世界初となるシステムベッド「COMPOSIUM」を発表。
RUFのコンセプトである「多様な個性に対応する、快適な睡眠を提供」を象徴し、これまでに最も成功をおさめたモデルとなる。

1995

「健康的な睡眠の提供」をコンセプトにした「モダンリビング」
シリーズが誕生。
最も成功した「NOVA」ベッドは、このシリーズの代表作となる。

1998

hulsta(ヒュルスタ)グループに加盟。
このグループには、hulsta(ヒュルスタ)、ROLF BENZ(ロルフベンツ)、PARADOR ( パラドール ) など、有名家具メーカー15社が加盟している。

※RUF社・ドリームベッドの第一回技術提携終了。

2000

本社に2,300平米の新しいショールームを建設。
世界中のディーラー達が研修を受ける場所として活用。
また、お客様のコンサルティングセンターとしても使われている。

2007

RUF社は、日本のドリームベッドと再び技術提携を開始。
RUF社とドリームベッドの信頼関係を再確認し、日本でのRUF製品再販売に向けての準備を進める。

2008

日本でのRUF製品再販売スタート。
世界的に大ヒットしていた、自由にカスタマイズ出来る 『CASA』シリーズ(日本名「MURITZ」)を含む、5モデルを発表。

2018

日本再販売10周年を迎え現在に至る。

RUF社とドリームベッドの歴史

ドリームベッドは、RUF社と1975年に第1回技術提携、2007年に第2回技術提携を行いました。
単なる輸入販売ではなく、ライセンス製造に取り組み、RUF社技術基準のもと、日本でアップホルスターベッドを展開しています。

 


PAGE TOP